ちび まる子 山田 くん。 たかし君の巻(ちびまる子ちゃん)

くん 山田 ちび まる子 くん 山田 ちび まる子

🐝 身長はかなり高く、レギュラーの女子の中では一番の長身である。 2年生の頃まではショートヘアだった。

くん 山田 ちび まる子 くん 山田 ちび まる子

☎ 番外編的エピソード「もしもまる子が花輪家の子供で花輪君がさくら家の子供だったら」(放映、2期152話)では、浮いていた存在だったが故に苦悩していた過去を持っていたため、「かずひこくん」において、自身が作詞を手掛けた曲でそのことを書いていたという。 同窓会の話でその夢は実現した事が明かされるが、店自体は経営不振な上、追い打ちをかけるように自身のお見合いも破談にされるなど、スランプ気味な生活を送っている模様。 杉山くんのことは2番目に好きらしく、まる子からは硬派な男がタイプだと認識されている。

10
くん 山田 ちび まる子 くん 山田 ちび まる子

⌛ 少々怒りっぽく、ヒステリックで高圧的になってしまうことが多いが、基本的には真面目で成績も良いほう。 バレエとピアノを習っていて、歌もうまいらしい。 手には血が滴る赤い破片を握っている。

3
くん 山田 ちび まる子 くん 山田 ちび まる子

🌏 また、なかなかの妹想いで、積極的に面倒を見ている。 ( オスパー) 1966年• 自分の言動で藤木を泣かせてしまった時はショックを受けて反省したり、藤木がみまつやで当てたスーパーボールを失くして落ち込んでいた時は、最初は悪態をついていたものの翌日みまつやのくじで自身がスーパーボールが当てた時には「藤木君が喜ぶ」と言い藤木の家に持っていったり、藤木の作った工作を間違って壊してしまった時にはきちんと直しており、人助けをしようとする藤木を陰から応援するなど気配りや優しさも見せている。 ぐうたらなまる子とは違い、母から怒られることはほとんど無く(現在確認できるのは、まる子に男運の意味を教えたこと や家が貧乏であるため空き巣などが来ないことを喜んでいる旨をヒロシとしゃべっていたとき 、ひょんなことから怠けることを決意し、ゴミを散らかしたとき 程度。

2
くん 山田 ちび まる子 くん 山田 ちび まる子

🙂 ご飯を丼5杯分山盛りで食べたにもかかわらず、父の分を取り置いておこうとした母から強引に釜を奪い取って逃走し、空き地で立ったまましゃもじで釜のご飯を食べていた事もある(逃走中に通りがかったヒロシとぶつかり、彼を突き飛ばした。

くん 山田 ちび まる子 くん 山田 ちび まる子

🤐 1969年• 制作の『』で22年ぶりにロボコンの声を担当した。 謎の多い人柄で、クラス内では若干孤立しているが、むしろ1人で過ごすことを好んでいる所がある。

11
くん 山田 ちび まる子 くん 山田 ちび まる子

⌛ ・予告編ナレーター(1970年代)• アニメでは第2期から登場。

17