ご 遠慮なく ご 連絡 ください。 「遠慮なく」の使い方・敬語・謙譲語・ビジネス|ご遠慮なく

ください 連絡 ご ご 遠慮なく ください 連絡 ご ご 遠慮なく

💅 その時には「ご遠慮なく」を代わりに使用しましょう。

20
ください 連絡 ご ご 遠慮なく ください 連絡 ご ご 遠慮なく

😩 ご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。

5
ください 連絡 ご ご 遠慮なく ください 連絡 ご ご 遠慮なく

😂 「何なりと」や「ご遠慮なく」には、「気兼ねせずに」や「どんなことでも」、 「自由に」といった意味があります。

6
ください 連絡 ご ご 遠慮なく ください 連絡 ご ご 遠慮なく

♥ ですが、「等」が付くことによって「不明な点以外の気になることについても聞いてください」というニュアンスが含まれることになります。

6
ください 連絡 ご ご 遠慮なく ください 連絡 ご ご 遠慮なく

👎 新良様からのご連絡お待ちしてます。 一対一の相手に対しても、不特定多数の相手に対しても使用できます。

ください 連絡 ご ご 遠慮なく ください 連絡 ご ご 遠慮なく

☎ 「遠慮なく」という言葉の意味は、字や響きのとおり、「遠慮することなく」という意味だと 予想できます。 ご不明な点がございましたら、下記担当までお気軽にお問い合わせください。 ・Please contact me if you have any questions. 今後もご入用の節は、ご遠慮なくお申し越しください。

ください 連絡 ご ご 遠慮なく ください 連絡 ご ご 遠慮なく

❤ 何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 語感なども含め似ているために、なんとなく違和感を覚えるのではないかという気がします。

3
ください 連絡 ご ご 遠慮なく ください 連絡 ご ご 遠慮なく

👐 「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も 「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。

20
ください 連絡 ご ご 遠慮なく ください 連絡 ご ご 遠慮なく

😎 ビジネスメールにおいては対面時と比べるとこちら側の人柄が伝わりづらくなります。 ・自分が「依頼」する時は 「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。 ビジネスにおいてスムーズなコミュニケーションが実現すればそれが仕事の成果にも結び付いてきます。