ここ ちゅう ぶ。 益虫

ぶ ここ ちゅう ぶ ここ ちゅう

☕ 二人の男女を視線の 外 ( ほか )に置くような方角へ足を向けた。 私は 箱根 ( はこね )から貰った 絵端書 ( えはがき )をまだ持っている。

ぶ ここ ちゅう ぶ ここ ちゅう

😋 また、個人差、 地域差も大きい項目です。

ぶ ここ ちゅう ぶ ここ ちゅう

🤟 先生に会う 度数 ( どすう )が重なるにつれて、私はますます 繁 ( しげ )く先生の玄関へ足を運んだ。 それが全く変ってしまったんです」 「若い時っていつ頃ですか」と私が聞いた。

5
ぶ ここ ちゅう ぶ ここ ちゅう

😂 私はそこまで来て、曲り角で分れるのが先生に済まないような気がした。 先生と知り合いになってから先生の亡くなるまでに、私はずいぶん色々の問題で先生の思想や情操に触れてみたが、結婚当時の状況については、ほとんど何ものも聞き得なかった。 友達は中国のある資産家の 息子 ( むすこ )で金に不自由のない男であったけれども、学校が学校なのと年が年なので、生活の程度は私とそう変りもしなかった。

6
ぶ ここ ちゅう ぶ ここ ちゅう

🙂 その中に知った人を一人ももたない私も、こういう 賑 ( にぎ )やかな景色の中に 裹 ( つつ )まれて、砂の上に 寝 ( ね )そべってみたり、 膝頭 ( ひざがしら )を波に打たしてそこいらを 跳 ( は )ね 廻 ( まわ )るのは愉快であった。

10
ぶ ここ ちゅう ぶ ここ ちゅう

👍 だから奥さんがもし先生の書生時代を知っているとすれば、郷里の関係からでない事は明らかであった。

3
ぶ ここ ちゅう ぶ ここ ちゅう

😩 私 ( わたくし )は月の末に東京へ帰った。

12