フォード vs フェラーリ。 フォードvsフェラーリ

Vs フェラーリ フォード Vs フェラーリ フォード

🌭 まず、映画として設定やストーリー展開が良いですね。 レースシーンなんかは痺れた。 沸点をレースで迎えてしまっただけに、ちょっと残念。

9
Vs フェラーリ フォード Vs フェラーリ フォード

😙 よくある、レースに命を懸ける…とか命知らずな…的な部分は控えめ。 4輪のレース映画は今作も含めて良作が多い。

8
Vs フェラーリ フォード Vs フェラーリ フォード

🙃 実話を基にしたお話。 似たようなことは感じたことがあるし、だから魅力的なんだよなとも思いました。 その間に入り、最高の結果を導き出そうと苦心する元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーの回想が物語を進める、丁寧でオーソドックスな映画の語り。

18
Vs フェラーリ フォード Vs フェラーリ フォード

😄 長時間の尺だったが全く飽きることなく疾走感持って最後まで一気に駆け抜けた。 提携を模索したフォードとフェラーリ 映画のクライマックスは、1966年のル・マン24時間レース。

10
Vs フェラーリ フォード Vs フェラーリ フォード

🤐 文字通り、プライドと友情。 それでもマイルズを諦められないシェルビーは、イギリスから空輸されてきたばかりのの試乗にマイルズを誘い出す。

1
Vs フェラーリ フォード Vs フェラーリ フォード

☺ 一方で、現場には最高責任者として、2人とはなにかと折り合いの悪いビーブが送り込まれてきた。 フェラーリの後ろ足に蹴られたフォードが見返すべく、ル・マンでの戦いを挑む、事実に基づいた話。 その3人とはピート・ブロック、フィル・レミントン、そしてテストドライバーのケン・マイルズだ」 1918年11月1日、ケン・マイルズはイギリス・バーミンガム近郊で生まれた。

Vs フェラーリ フォード Vs フェラーリ フォード

🖖 ヨーロッパのレースをブランドイメージ向上に利用することに必ずしも乗り気でなかったヘンリー二世を心変わりさせたのはアイアコッカにとって目論見通りであった。 彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつける。