えい らく あらすじ 55。 【瓔珞(エイラク)】あらすじ全話。キャストも総まとめ!

あらすじ えい 55 らく あらすじ えい 55 らく

😭 乾隆帝は遺書の内容を信じる。 【瓔珞 エイラク 】55話・56話のあらすじとネタバレ感想。

11
あらすじ えい 55 らく あらすじ えい 55 らく

⚡ 出世してる。 そんな慶貴人に「昇り詰めては?」と瓔珞は言う。

あらすじ えい 55 らく あらすじ えい 55 らく

✊ 弘昼は非常な扱いを受けている皇后に情を揺さぶられ、乾隆帝に親蚕礼を行うよう直訴することに。 乾隆帝が疥癬(かいせん:伝染性の皮膚病)にかかった時、100日間看病し続けたという。

あらすじ えい 55 らく あらすじ えい 55 らく

🌭 ドラマを理解する清の後宮の身分・順列 清の後宮において女性の位を表す呼び方が多く出てきます。 これを見た母と傅謙は爾晴をかばい、傅恒は涙を流しながら「離縁はしないが、一生尼寺に身を置き仏に仕え罪滅ぼしをしろ」と言いつけた。

20
あらすじ えい 55 らく あらすじ えい 55 らく

⚐ 「宮牆柳」(第6、21、36話) 作詞は王暁倩。

10
あらすじ えい 55 らく あらすじ えい 55 らく

😊 しかし、傅恒は「異常なやり口を知った以上、私は君の夫ではない」と拒絶する。 義理の母の嘆願で離縁だけは逃れた爾晴だったが、傅恒との間には決定的な溝が生じる。 とそして、ここからが いよいよクライマックス! 皇后は謀反を起こし失敗、弘昼も捕らえられます。

あらすじ えい 55 らく あらすじ えい 55 らく

🚒 感想:皇太后様やめたほうがいいのでは… 皇后の恨みを買うと殺されちゃうよ。 門の上の 東屋 あずまやに通じる階段から降りてきた明玉は「魏貴人は花の香を楽しみたいので上で休んでいる」と話す。 。